バンコク、シラチャ、パタヤの街のエリアに関して、掘り下げて解説します。

The Fine Bangkok -The First Light from Japan-

前回掲載した6件の新規プロジェクトの中でも、最も新鮮味を感じたエカマイのプロジェクトThe Fine Bangkok(ザファインバンコク)から検証する事にします。 ※ザファインバンコク 前回のブログで記載した一覧からこのプロジェクトの部分を以下に抜粋しました。   このプロジェクトはサンキョウホームタイ法人と京阪不動産の合弁事業ですので、100%日系ディベロッパー資本のプロジェクトとなります。その点では日本の大手ディベロッパー+タイ大手ディベロッパーの合弁... もっと読む

完成後登記前バーゲンリセール情報 (その2)

前回のアイデオモビアソークに続き、Rhythm Ekkamai(リズムエカマイ)をご紹介します。こちらも同様にプリセール後間も無く完売した人気プロジェクトでしたが、完成、登記目前となる現在、多数のユニットがプリセールとほぼ変わらない価格で売りに出ています。 ※リズムエカマイ ※リズムエカマイ、プロジェクト進捗状況 2年ほど前に同じリズムシリーズのコンドミニアムがBTSエカマイ駅近くに完成しましたが、そちらはソイ42の立地。エカマイ駅まで徒歩2分、駅直結の大... もっと読む

パタヤのコンドミニアム市場は底を打ったのか?

これまで7回に渡りパタヤのコンドミニアム市場を検証して来ましたが、それでは総論としてパタヤのコンドミニアムは今が買い時なのか?という点がパタヤ物件の購入を考えている人には最も気になる点だと思います。 2011-2015年上半期の発売・建築ラッシュから2015年下半期に新規発売を差し止めて在庫一掃に注力してきた、そして2018年上半期は新規プロジェクト発売が増加に転じたディベロッパーの動向からは、コンドミニアムの市場価格は底を打った、又は打ちつつあると見てい... もっと読む

パタヤのコンドミニアム市場の現状 (その3)

前回までは2011-2015年のコンドミニアム建設ラッシュで積み上がった在庫状況と販売状況、そして3年ぶりにプロジェクト発売が増加に転じた動向を説明しました。 今回はパタヤ地区の今後の将来性に関してスポットを当てたいと思います。 2年ほど前からタイ政府が法制化し推進する大型プロジェクトEEC(Eastern Economic Corridor、東部経済回廊)は、最近のパタヤ地区のコンドミニアム発売時には、今後の将来性を約束する訴求材料として必ずと言って良い... もっと読む

パタヤコンドミニアム市場の現状 (その2)

前回はパタヤ地区におけるコンドミニアムの供給数に関してエリア別に見てきましが、今回はエリア別に売れ行きや価格帯等を考察したいと思います。 ※パタヤ地区2018年上半期エリア別コンドミニアム販売ユニット数と販売率 出展:Colliers International Thailand 上記のグラフは2018年上半期のエリア別のコンドミニアム販売ユニット数で、棒グラフの紺色部分は販売済み、グレー部分は販売残を示しており、その2つを足すと販売ユニット総数となります... もっと読む

パタヤコンドミニアム市場の現状 (その1)

前回までは各エリアにスポットを当ててコンドミニアム市況の現状を説明して来ましたが、今回は公表されているデータを見ながら再度パタヤ地区全体の市場を分析したいと思います。 再度パタヤのエリアマップを参照願います。 ※パタヤエリアマップ 前回までの説明では、2011〜14年に好調な不動産市場の中で多数のコンドミニアムプロジェクトが計画された旨の内容を何度か繰り返したましたが、次に掲載するColliersが公表しているグラフで見て取れます。 ※パタヤ地区における新... もっと読む

明暗を分けるパタヤのコンドミニアムロケーション (その3)

売れ残り在庫ユニットが積み上がっているもう一つのエリアとしてプラタムナック地区が挙げられます。 ※プラタムナック地区 南パタヤとジョムティン地区の間の丘陵地隊となっています。南パタヤのウオーキングストリート地区脇の幹線道路を南に進み急勾配な坂を登るとそのエリアとなります。 従来からタイ王族の別荘、歴史のあるロイヤル・バルーナ・ヨットクラブ、大型リゾートホテル等があり、パタヤに比べて閑静な周辺環境が広がります。かつてレジデンスと言えば一軒家がほとんどでしたが... もっと読む

明暗を分けるパタヤのコンドミニアムロケーション (その1)

前回に引き続きパタヤ地区についてお話しします。 過去ログ:セントラルパタヤ明暗を分けた2つのプロジェクトでは、サンシリのベース・セントラル・パタヤとチューリップグループのグランド・アベニュー・レジデンスの2つの物件を比較しました。 ベース・セントラル・パタヤはその後価格上昇を続け、プリセール価格から4割程上昇、民泊運営を目的にパタヤで不動産投資をする中国人には一番人気となっているようで、外国人区分はなかなか中古市場にも出てこない有様です。 第2弾として今年... もっと読む

腐蝕が進むパタヤウオーターフロントレジデンス&スイート

つい先日、倒産して現在係争中のプロジェクト、サウスパタヤのウオーターフロントレジデンスに足を運んだのですが、プロジェクト倒産後放置された建物は名前通り海の前の立地ということもあり、剥き出しの鉄骨は錆び果て、いつ頭上に落ちてきてもおかしくないような状態となっていたのには驚かされました。 ※腐蝕が進む躯体 2011年頃に売り出されたプロジェクトだったと記憶していますが(間違っていたらすいません)、バリハイ埠頭近隣のオーシャンフロントの立地、しかもパタヤを訪れる... もっと読む

MRTラマ9世駅周辺もコンドミニアム建設ラッシュ (その2)

前回はバンコクのニューCBDに生まれ変わるポテンシャルを秘めたラマ9世駅周辺に関して説明しましたが、実はこのエリアはニューチャイナタウンというもう一つの顔を持っています。バンコク市民の間では第2のチャイナタウンとしてのコンセンサスが既に醸成されている節もあります。 ラマ9世駅とタイ文化センター駅の中間点、タイ証券取引所の隣に中国大使館があります。それが理由となっているのかは定かではありませんが、この地区では中国人が急ピッチで増加しています。 ※中国大使館、... もっと読む