バンコク築深コンドミニアムVS新築コンドミニアム (その8)

築25年のラスコリナスは、周辺新築物件との比較において、投資物件として分が悪い事はご理解頂けたかと思います。 平米単価が半分程度というのは割安に感じますが、実際は日本における新築・中古マンションの価格差とほぼ変わりません。 ※首都圏新築・中古マンション平均価格差 (出典:オウチーノニュース) 2017年発表の国土交通省の資料によれば、首都圏マンションの新築と築平均20.7年の中古物件の平均平米単価は、それぞれ85.9万円、50万円で、マイナス約40%の価格... もっと読む

バンコク築深コンドミニアムVS新築コンドミニアム (その7)

1995年完成、アソークの一等地にそびえるタワーコンドミニアム“ラスコリナス”の現状に関して、前回のブログで大体ご理解頂けたのでは無いかと思います。 平米単価が近隣の新築コンドミニアムの約半分、築深ならではの広々としたユニットにアソーク交差点付近のスーパーロケーション等々非常に魅力的に感じますが、実際は売買、賃貸共に芳しくありません。 その理由に関して、今回は斬り込んでみたいと思います。 先ず大手ポータルサイトHipflatに掲載されている賃貸広告を見て下... もっと読む

バンコク築深コンドミニアムVS新築コンドミニアム (その6)

前回の告知通り、LAS COLINAS(ラスコリナス)を検証したいと思います。 余談になりますが、オフィスから近いので歩いて出向いたところ土砂降りに遭遇。傘を持っていたのですが、バンコクの激しい雨の前に無力化され、結果ずぶ濡れの状態での物件視察となりました。 ラスコリナスはオフィスと自宅の中間地点にあり、部屋のベランダからもいつも見ている建物ながら数年前の視察以来足を運ぶ事も無く、久しぶりの訪問と相成った次第です。 下は前回ブログのカバーで使った写真ですが... もっと読む

バンコク築深コンドミニアムVS新築コンドミニアム (その5)

前回までは勝ち組の築深コンドミニアムがどのような市場価値を保っているのかについて、バンコクのコンドミニアムの価格変遷の歴史を織り交ぜながら説明してきました。 その後時間は空いてしまいましたが、今回からはシリーズのテーマに掲げていた話の肝となる“築深VS新築”に関して検証を進めたいと思います。 弊社のオフィスもあるアソーク地区での新旧コンドミニアムに目を向ける事にします。 先ずは新築物件から。 過去ログ:人気プロジェクト MUNIQスクムビット23、アソーク... もっと読む

バンコク築深コンドミニアムVS新築コンドミニアム (その4)

タイ不動産のポータルサイトHipflat上のソムキッド・ガーデンズの売買、賃貸物件の広告を見渡すと、物件により価格の開きが大きく見られる事が分かります。 先ずは売買物件を見てみましょう。 ※ソムキッド・ガーデンズ売買広告 安いものは平米単価15万バーツ台、高いものは平米単価21万バーツ台となっています。上記は広告ページの一部を抜粋したものなのですが、更に高く23万バーツに迫る物件も出ていました。 同エリアで建設中のスーパーラグジュアリープロジェクト“28チ... もっと読む

バンコク築深コンドミニアムVS新築コンドミニアム (その3)

日本で言うところのレジェンドマンションに当たるソムキッド・ガーデンズ、1991年築にも関わらず、改装されている部屋が多い、共有エリアの維持管理が良い為古い、ぼろいといった印象はなく、威風堂々とした格調の高さを感じます。 これこそが価格が新築当初から5倍も上昇し、今以って家族用人気物件として賃貸市場に君臨するコンドミニアムたる所以なのだろう、と納得。 敷地面積が広いアドバンテージは、巨大なグリーンエリア、テニスコート、バスケットボールコート等を備える事により... もっと読む

バンコク築深コンドミニアムVS新築コンドミニアム (その2)

Somkid Gardens(ソムキッッド・ガーデンズ)を築深コンドミニアムの第一例として検証します。 ※ソムキッド・ガーデンズ外観 1991年の完成ですから筑後30年を経過しようとしていますが、今も賃貸人気は高い物件です。バンコクのコンドミニアム時代の幕開けを代表する物件として現地の業者であれば誰もが一目を置く建物です。 ロケーションはチッドロム駅から300メートル程、セントラルデパート本店の裏手、ソイソムキッドの立地。コンドミニアム名は通りの名に因んで... もっと読む

バンコク築深コンドミニアムVS新築コンドミニアム (その1)

バンコクCBDで見かける築深タワーマンションは一体どんな感じなの?と気になっている投資家は多いのでは無いでしょうか? 弊社においても、プリセールと築浅5年以内のコンドミニアムが売買取扱いのほとんどを占めており、築10年以上の売買物件は扱った事はありません。 実際バンコクでは中古コンドミニアム売買取引件数は新築の4分の1程度に留まっており、中古物件取引が80%以上を占めるアメリカやイギリス、新築思考が強い日本の36%と比較しても中古物件の流動性が低い事が伺え... もっと読む

新規プロジェクトの延期に舵を取るタイ大手ディベロッパー

現地有力英字紙バンコクポストで、多くの有力ディベロッパーが予定していたプロジェクトを来年以降に延期している旨の記事が掲載されていました。 大手ディベロッパーの2019年第二四半期の売上&同期比、上半期の売上&同期比、新売上目標(見直し前)、上半期プリセール売上&同期比、新プリセール売上目標(前期比)の数値が一覧で報じられておりましたので、参考までに下に転載します。 ※大手ディベロッパーの第二四半期、上半期売上実績と目標値 上記の数値にはコンドミニアムだけで... もっと読む

タイのコンドミニアムの管理体制

今日は予告通り、ダイジェスト版ではありますが、タイのコンドミニアムの管理体制について説明します。 タイのコンドミニアムの管理体制は管理組合と管理会社の2つの組織で構成されます。下図を参照下さい。英語と日本語がごちゃまぜになっておりすいません。 ※タイコンドミアムの組織図 管理組合は日本と同じく区分所有者(CO-OWNER)全員により組織され、毎年開催される年次総会(ANNUAL GENERAL MEETING)の際に投票でCOMMITTEE(理事)(7〜9... もっと読む