12

タイに関しての文化、風習、商習慣、生活、不動産等に関しての情報です。

新しい局面を迎えたバンコク不動産投資

昨年暮れぐらいから、プリセールで完売し、人気物件と思われていたパーク24(フェーズ1)、アシュトン・アソーク、ライフ48などのユニットが、プリセールから5−10%ぐらいの限定的な上昇で売られている状況を目にするようになりました。売り急いでいるユニットになると、プリセール価格とほぼ同じ投げ売り価格で出ているではありませんか! こういった状況は、記憶している限りバンコクの人気物件では過去起き得ませんでした。これにより、バンコクのプリセール投資も新しい局面を迎え... もっと読む

将来の賃貸激戦区スクムビット36 (その2)

ちょっと時間が空いてしまいましたが、将来の賃貸激戦区スクムビット36(その1)の続きです。 それでは、既存の物件に関しては弊社の賃貸実績データ、建築中の物件に関してはプロジェクト詳細と販売価格に基づいた予測データをベースに、将来の賃貸動向を予想してみました。 次の一覧表をご覧下さい。 ※トンロー駅周辺物件比較(賃貸) 物件グレードに関しては、過去に作成した「コンドミニアム価格格付け」がベースになっています。 ※コンドミニアム価格格付け 作成してから2年以上... もっと読む

Ashton AsokeとPark24を選ぶに当たって (その1)

前回のブログでAshton Asoke、Park24の1ベッドはプリセールと同じ様な価格で出ており買得である、といった内容の説明をしましたが、誤解を招くといけないと思い、今回はその補足をする事にしました。   過去ログ:賃貸投資物件の勝ち物件を補足せよ! も参考になるかと思います。   両プロジェクトで懸念が残るのは、賃貸投資物件としての有効性です。   どちらも立地は素晴らしいのですが、駐在員層の賃貸を狙うにはユニットが小さ過ぎるのです。   今年初めに... もっと読む

東洋ゴムの免震不正。タイの場合は?

こんにちは。ヨシダバンコク不動産販売のGENです。 さて今回は東洋ゴム工業の免震不正 について、と言いたいところですが特にそれをどうのこうの書くつもりはありません。 タイでコンドミニアム購入を考える人に伝えておくべき、タイの習慣的な要素です。 そもそも日本の地震発生回数は、2014年データでは体に感じる感じないの全てを含めて1977回。最も多かった11月では242回発生しています。 先日放送した『緊急!池上彰と考える 巨大地震その時命を守るためにⅢ』という... もっと読む

日本の住宅ローンを持ちながらタイのコンドに投資する③

第3章 リーマンショックを乗り切った不動産オーナーの行動とは 第2章までに住宅ローンや買い替え事情の話をさせて頂きましたが、第3章では、リーマンショックを乗り切った不動産会社の社長は何を目指したのか?に関してご紹介致します。 2008年のリーマンショック、多くの方は未だ鮮明に記憶に残っているのではないでしょうか?様々な業種に大きな影響を及ぼしたものと思いますが、自分が身を置いていた不動産業界についてお話します。 バブル崩壊時と比較すると、一般の方への直接的... もっと読む

何故マレーシアのコンドは売れたのか?

先日久しぶりに繁華街へ行ってみたのですが、日本人、 欧米人のツーリストの姿が目立っていました。 確かにヨシダ不動産があるビルはアソーク駅に近く アソークは日本人街と欧米人街の境目。普段から欧米人の姿は目立つのですが 街を歩いていても日本人も含め一層目に入るなと感じました。 今は11月。社員旅行シーズンではないと思うのですが、円安の恩恵でしょうか? さて今回は何故マレーシアのコンドミニアムが売れたのか? 僕自身の憶測で勝手に分析してみました。 その前に個人的... もっと読む

ローカル地区と日本人居住区の生活費比較

今回はエカマイまでの所謂日本人居住区とそれ以外のローカル地区に住んだ場合、生活費の違いがどれほどあるのか? について触れていきたいと思います。 僕自身日本人居住区ど真ん中のスクンビット39に現在住んでいますが、このソイのスクムビット通りを挟んで向かい側のスクムビットソイ24には、人気デパート『EMPORIUM』があります。そしてこのソイ24もやはり 日本人居住区として栄えております。 ※EMPORIUM 日系スーパーを代表する『フジスーパー1~4号店』は、... もっと読む

日本人居住区スクンビット31の格安新築コンドミニアム

バンコクコンドミニアムを投資、ロングステイという、2つの観点からブログを書かせていただいています。 日本では木枯し1号なんてニュースを見ました。タイは涼しい季節へ向かっていますが、日中はまだまだ暑い状況です。しかしこのくらいの季節になると、タイ人の長袖着用率が増えます。本格的に涼しい季節になると、僕はそれでも日中は暑いと思っているのですが、タイ人は「寒い寒い」と言っており、そんな姿を横から微笑ましく見ています。 今回はスクムビット31に新築未入居物件が格安... もっと読む

オンヌット駅前の大開発にみる将来性

ヨシダ不動産と小林株式会社は昨年末の経営統合以来、新たにオフィスをスクンビットソイ25のGlas Hausというビルに移転しました。1階には銀行が2件ある、とても目立つ立地にございます。BTSアソーク駅からのアクセスも良いので、来タイの際には是非お立ち寄りください。 今回は、オンヌットの豪華コンドミニアム紹介の前に、オンヌットとはどんな街かをご紹介いたします。 ※駅前コンド群 タイフリークならご存知の通り、オンヌット駅は2年近く前までBTSスクムビット線の... もっと読む

BTS沿線、プラカノン駅周辺はどのような町か?

「既にタイの雨季は終わった。間違いないよ。」と、ヨシダ不動産のタイ人スタッフは言っていたのですが、どっこい一昨日大雨が降りました。 結果、物件調査の為に訪れていた建物内で2時間以上足止め状態。その物件はソイ39に立地。運の悪いことに、そこはバンコクで人気の高いエリアであると同時に、道路冠水でも有名地域なのです。一歩も外に出られない状況でした。 ※ここを裸足で歩きました バンコクの雨は、バケツをひっくり返す、といったレベルに留まらず、バスタブをひっくり返す、... もっと読む