タイに関しての文化、風習、商習慣、生活、不動産等に関しての情報です。

賃貸業務を通じて思う事あれこれ (その2)

前回のブログでは、賃貸は適切なマーケティングとセールス戦略を実施した後は運次第、と書きました。該当ユニットに適切な手段を講じても、それに適合する潜在テナント候補がいるかいないかに最後は委ねられる、という事を言いたかったのですが、改めて考えると、それを日本人テナントのみを対象にして当たり前のように発想できる、というのはすごい事ではないでしょうか? 永住権保持者を除く長期滞在者数が世界1位のバンコク、そしてその大多数がスクムビットという限られたエリアに集中して... もっと読む

バンコク築深コンドミニアムVS新築コンドミニアム (その9)

このテーマに関する連載も思いの外長期に及びました。まだまだ伝えたい事が多々ありますが、あまり深掘りすると、他にある読書の皆様の利益に叶うはずの情報がおろそかになってしまいますので、今回で終わりにしようと思います。 前回ブログの最後部分で、築深コンドミニアムのオーナーがユニットを刷新するような全面改装や利回りに見合う販売価格の値下げを積極的に取り組む事は無いだろう、と締めくくりました。 これは、その当時の高級コンドミニアムを購入したオーナーはトップクラスの富... もっと読む

バンコク築深コンドミニアムVS新築コンドミニアム (その4)

タイ不動産のポータルサイトHipflat上のソムキッド・ガーデンズの売買、賃貸物件の広告を見渡すと、物件により価格の開きが大きく見られる事が分かります。 先ずは売買物件を見てみましょう。 ※ソムキッド・ガーデンズ売買広告 安いものは平米単価15万バーツ台、高いものは平米単価21万バーツ台となっています。上記は広告ページの一部を抜粋したものなのですが、更に高く23万バーツに迫る物件も出ていました。 同エリアで建設中のスーパーラグジュアリープロジェクト“28チ... もっと読む

新規プロジェクトの延期に舵を取るタイ大手ディベロッパー

現地有力英字紙バンコクポストで、多くの有力ディベロッパーが予定していたプロジェクトを来年以降に延期している旨の記事が掲載されていました。 大手ディベロッパーの2019年第二四半期の売上&同期比、上半期の売上&同期比、新売上目標(見直し前)、上半期プリセール売上&同期比、新プリセール売上目標(前期比)の数値が一覧で報じられておりましたので、参考までに下に転載します。 ※大手ディベロッパーの第二四半期、上半期売上実績と目標値 上記の数値にはコンドミニアムだけで... もっと読む

タイのコンドミニアムの管理体制

今日は予告通り、ダイジェスト版ではありますが、タイのコンドミニアムの管理体制について説明します。 タイのコンドミニアムの管理体制は管理組合と管理会社の2つの組織で構成されます。下図を参照下さい。英語と日本語がごちゃまぜになっておりすいません。 ※タイコンドミアムの組織図 管理組合は日本と同じく区分所有者(CO-OWNER)全員により組織され、毎年開催される年次総会(ANNUAL GENERAL MEETING)の際に投票でCOMMITTEE(理事)(7〜9... もっと読む

2019年日本人駐在者数減少へ

2019年第一四半期の日本人駐在者数は33,460人で、前年同期比34,404人から2.7%減少しました。 外務省発表の2017年10月1日時点での統計では(もうちょっとスピードアップできないもんですかね?)、タイの在留邦人数は72,754人と前年から増加しています。 ※タイ在留邦人数の推移(2017年10月1日時点) 出典:外務省 又、永住者を除いた都市別長期滞在者数は51,981人と2位の上海を突き放し堂々の1位に輝いています。 ※都市別在留邦人数20... もっと読む

2019年の中国人によるタイ不動産投資は大幅減少へ

外国人バイヤーの半数近くを占める中国人による投資は大幅に減少している、とバンコクポスト(タイ英字新聞)が6月17日付けで報じています。 ※Chinese veer from condos   出典:バンコクポスト 中国系不動産会社Angel Real Estateの共同創設者のサイモン・リー氏は、2019年1〜5月の5ヶ月間中国人による購入は大幅に減少しており、2019年は半減する見込みだ、と述べています。 米中貿易戦争の影響で対中国元に対して為替がバーツ... もっと読む

民泊使用のコンドオーナー逮捕 (その3)

このテーマに関しては、ニュースが面白かったので書いたに過ぎず、1回こっきりで簡単に済ませようと思ったのですが、掘り下げて見ると予想を超えて興味深い事実が垣間見え、ついつい続いてしまいました。今回でこのトピックは終了です。 僕が居住するコンドの管理事務所のマネージャーから、民泊を行なった為に罰金を科した区分所有者に関しての続報が届きました。(前回のブログ参照) 実は民泊を行なったのは区分所有者では無く、間借りしていた賃借人だという事実が判明したとの事。賃借人... もっと読む

民泊使用のコンドオーナー逮捕 (その2)

前回の補足になりますが、物件により力の入れ方にこそバラツキはあるもののコンドミニアムの管理事務所も種々の対応を取るようになって来ました。 下の看板のような警告は多数のコンドミニアムのロビーで目にするようになりました。 ※民泊禁止の警告看板 民泊使用をしている区分所有者はこのような事は熟知している確信犯ですから効果は感じられませんので、利用者に心理的打撃を与えるのが狙いでしょうか? 但し、利用者の方はコンドミニアムの民泊使用が違法行為であるとは知らないでしょ... もっと読む

民泊使用のコンドオーナー逮捕

昨日夕方、The Nation(タイ有力英字紙)にて、C Ekkamaiコンドミニアムでユニットを民泊利用していたオーナーが逮捕された記事が速報として掲載されました。 ※民泊使用のコンドオーナー逮捕の記事 (出典:The Nation) ※C Ekkamaiでの一斉捜査 速報として取り上げられる事から、ツーリズム大国のタイでは、社会的な関心度の高さが伺えます。 「ユニットが頻繁にホテル利用されている。宿泊者に鍵を渡すチェックインサービスの受付が敷地内に設け... もっと読む