バンコク、パタヤ、シラチャのコンドミニアムのプリセール物件、リセール物件、新築・中古物件に関してレポートします。

バンコク築深コンドミニアムVS新築コンドミニアム (その4)

タイ不動産のポータルサイトHipflat上のソムキッド・ガーデンズの売買、賃貸物件の広告を見渡すと、物件により価格の開きが大きく見られる事が分かります。 先ずは売買物件を見てみましょう。 ※ソムキッド・ガーデンズ売買広告 安いものは平米単価15万バーツ台、高いものは平米単価21万バーツ台となっています。上記は広告ページの一部を抜粋したものなのですが、更に高く23万バーツに迫る物件も出ていました。 同エリアで建設中のスーパーラグジュアリープロジェクト“28チ... もっと読む

バンコク築深コンドミニアムVS新築コンドミニアム (その3)

日本で言うところのレジェンドマンションに当たるソムキッド・ガーデンズ、1991年築にも関わらず、改装されている部屋が多い、共有エリアの維持管理が良い為古い、ぼろいといった印象はなく、威風堂々とした格調の高さを感じます。 これこそが価格が新築当初から5倍も上昇し、今以って家族用人気物件として賃貸市場に君臨するコンドミニアムたる所以なのだろう、と納得。 敷地面積が広いアドバンテージは、巨大なグリーンエリア、テニスコート、バスケットボールコート等を備える事により... もっと読む

バンコク築深コンドミニアムVS新築コンドミニアム (その2)

Somkid Gardens(ソムキッッド・ガーデンズ)を築深コンドミニアムの第一例として検証します。 ※ソムキッド・ガーデンズ外観 1991年の完成ですから筑後30年を経過しようとしていますが、今も賃貸人気は高い物件です。バンコクのコンドミニアム時代の幕開けを代表する物件として現地の業者であれば誰もが一目を置く建物です。 ロケーションはチッドロム駅から300メートル程、セントラルデパート本店の裏手、ソイソムキッドの立地。コンドミニアム名は通りの名に因んで... もっと読む

アシュトン・アソーク、プール改修工事終了間近(その2)急展開

前回のブログで管理会社のJLLを評価したのも束の間、プールの改修工事完成が9月末まで伸びそうだとの話が入ってきました。 6月末に8月25日から9月30日に遅延の通告が出た後、管理組合の理事長からは9月始めには終わりそうだ、と聞いた直後にこれです。 納期遅れ、時間厳守に対する意識の低さは香港、シンガポール以外のアジア諸国では一般的に見られる事なのですが、今回のケースもやはりその一例となってしまいました。残念です。 資材を運搬するトラックの保険が間に合わない云... もっと読む

アシュトン・アソーク、プール改修工事終了間近

5月から開始されたアシュトン・アソーク35階のプール改修工事は、当初のスケジュールでは8月末に完了予定でしたが、若干遅れているものの9月半ばまでには終了する目処が立ったようです。 ※改修前のスイミングプール ※改修箇所見取り図 ※改修前と後のイメージ 昨年できたばかりなのに何故改修工事の必要があるの?水漏れが原因?等の憶測がまことしやかに語られていましたが、実はアナンダが販売する際に掲載していたプールイメージでは明らかに大理石のような模様がある壁と柱であっ... もっと読む

在庫一掃プロモーションが引き起こす市場ねじれ現象 (その2)

前回のブログで、 在庫一掃に向けあの手この手を打ってくるディベロッパーの動きは今後更に加速し、条件のいい物件がそうではない物件よりも安価に売り出される、といったねじれ現象は今後も頻繁に現れるのではないかと予測しています。 と書きましたが、それを実証する為に幾つかの物件を抽出して比較してみましょう。 ※コンドミニアム比較表 立地、建物グレード、設備、ディベロッパーの評判等の条件が複雑に絡む不動産は、一般の商品と違い単純比較してこちらが良くてあちらが悪いと客観... もっと読む

在庫一掃プロモーションが引き起こす価格ねじれ現象 (その1)

本ブログをご愛読して頂いている方であれば、バンコクのコンドミニアム市場は売れ行き鈍化で在庫が積み上がっている状況は十分ご理解頂けているかと思います。 在庫を抱えているディベロッパーが販売攻勢をかける中で、限定的にではありますが、日本人居住区内においても魅力的な価格の物件を目にするようになりました。 エカマイのドンキホーテ周辺に日系企業の合弁によるプロジェクトが集結している状況を以前ご紹介しましたが(参照過去ログ:エカマイに集結する日系合弁事業によるコンドプ... もっと読む

エッセ・アソーク 賃貸付け好調

さて、今回は約束通り完成したばかりのエッセ・アソークの賃貸のお話です。 ※エッセ・アソーク外観 ※エッセ・アソーク、正面玄関 エッセ・アソークはMRTスクムビット駅とペッブリー駅の丁度中間地点に位置しており、距離にして約500メートル、徒歩所要時間は6分強になります。日本的に言えば十分に駅近なのですが、暑いタイでは現地のタイ人が歩く距離ではありません。 ※エッセ・アソーク、ロケーションマップ ※エッセ・アソーク、MRTスクムビット駅までの徒歩所要時間 又、... もっと読む

息を吹き返すパタヤのコンド市場 (その2)

前回は目を引く3件の大型プロジェクトを簡単に紹介しましたが、それ以外に中小多数のプロジェクトの発表が続いており、パタヤのコンドミニアム市場が再興の軌道に入っていく様子が伺えます。 その一方で、既に竣工したプロジェクトの売れ残り在庫はまだあるようで、魅力あるバーゲン価格で売られている物件も少なくありません。 パタヤのディベロッパーから、バーゲンユニット情報が毎週送られて来るのですが、僕の目から見ても、これは安い!といったものが頻繁に登場します。 例えば、ウオ... もっと読む

息を吹き返すパタヤのコンド市場 (その1)

先日のブログ”バンコク〜パタヤ間の高速鉄道情報アップデート”で高速鉄道開発の情報を更新しましたが、その後日経でも報じられておりました。 ※タイ首都高速鉄道、CPが閣議決定で正式受注 (出典:日本経済新聞) 政府主導の高速鉄道及びEECへの大型投資プロジェクトは発表から既に数年を経ていますが、時間を追って個々の開発が具体化する中、パタヤ・シラチャ地区ではコンドミニアム、サービスアパート等のレジデンス開発が急ピッチで進んでいます。 既に供給過剰の感が強いシラチ... もっと読む