12

日本の住宅ローンを持ちながらタイのコンドに投資する⑤

第5章 返済比率25%は何をもたらすか こんにちは。ヨシダバンコク不動産販売のGENです。 待ちに待った『世界の山ちゃん』がバンコクにOPENします。しかも僕の住んでいるスクンビットソイ39に。またそこからも近いトンロー13の日本村近くに、なんと『矢場とん』もOPENしました。 トヨタを中心に名古屋系の日本企業が多いバンコク。僕が想像するに、この2店舗は日本人だけでなく世界的に受けるはずです。 あとは、ひつまぶしの『蓬莱軒』、味噌煮込みうどんの『山本屋』が... もっと読む

日本の住宅ローンを持ちながらタイのコンドに投資する④

第4章 返済比率から見るタイのコンドミニアム投資 こんにちは。バンコク不動産販売のGENです。 さて第4章では実践的な話に入っていきたいと思います。第3章まではここに行き着く前段階であった、とお考えください。ここでは、簡単な計算方法を使って、返済比率25%以内を一つの目安とした無理のないタイコンドミニアム投資に話をつなげていければと思います。 ただ、僕が日本の不動産業界に従事していたのは5年以上前となるので、大きな差はないかと思いますが、その頃の話であると... もっと読む

日本の住宅ローンを持ちながらタイのコンドに投資する③

第3章 リーマンショックを乗り切った不動産オーナーの行動とは こんにちは。ヨシダバンコク不動産販売のGENです。 第2章までに住宅ローンや買い替え事情の話をさせて頂きましたが、第3章では、リーマンショックを乗り切った不動産会社の社長は何を目指したのか?に関してご紹介致します。 2008年のリーマンショック、多くの方は未だ鮮明に記憶に残しているのではないでしょうか?様々な業種に大きな影響を及ぼしたものと思いますが、僕は自分が身を置いていた不動産業界についてお... もっと読む

日本の住宅ローンを持ちながらタイのコンドに投資する②

第2章 難儀であったベッドタウンからの買い替え事情 こんにちは。ヨシダバンコク不動産販売のGENです。 第1章においてタイと日本の住宅ローン事情を書きましたが、今回は通勤時間に窮して郊外ベッドタウンから23区域の不動産に買い替えを望んだものの難しい結果が相次いだ実話を紹介したいと思います。 このような状況が展開する事は、昨今の日本の場合いつ起こるかわかりません。代表的な例として、1986年から始まったバブル時代、そして2008年9月のリーマンショック‥等が... もっと読む

日本の住宅ローンを持ちながらタイのコンドに投資する①

第1章 タイと日本の住宅ローン事情比較 こんにちは。ヨシダバンコク不動産販売のGENです。 今回より数回に分けて、現在日本国内で若年層から不動産投資熱が高まっている現状と、その背景から賢い投資術、及び返済比率を考慮した無理のないタイコンド購入計画までお話させていただければと思います。 前回のブログでシラチャコンドミニアムの視察の話をしました。例えば関東であれば、僕がよく行った海は、三浦海岸、由比ガ浜、葉山の長者ヶ崎…。千葉で言えば九十九里周辺に出没していま... もっと読む

トンロー通り(スクムビットソイ55)の人気物件エイトトンロー

こんにちは。ヨシダバンコク不動産販売のGenです。 昨日売買事業部の日本語ぺらぺらタイ人マネージャーのPOPさんと、シラチャ店開業のために訪れていた弊社代表の吉田と3人でシラチャ地区のコンドミニアム視察に行きました。 4件ほどの物件視察と共に、ディベロッパーのオーナー2人とお話も出来た有意義な1日となりました。 タイのコンドミニアム事業主は、一般的に大手がやはり多いのですが、地主自らモデルハウスを建築して販売している会社も一定数あることがわかりました。 昨... もっと読む

何故マレーシアのコンドは売れたのか?

こんにちはバンコク不動産販売のGENです。 先日久しぶりに繁華街へ行ってみたのですが、日本人、 欧米人のツーリストの姿が目立っていました。 確かにヨシダ不動産があるビルはアソーク駅に近く アソークは日本人街と欧米人街の境目。普段から欧米人の姿は目立つのですが 街を歩いていても日本人も含め一層目に入るなと感じました。 今は11月。社員旅行シーズンではないと思うのですが、円安の恩恵でしょうか? さて今回は何故マレーシアのコンドミニアムが売れたのか? 僕自身の憶... もっと読む

ローカル地区と日本人居住区の生活費比較

こんにちは。ヨシダバンコク不動産販売のGenです。 今回はエカマイまでの所謂日本人居住区とそれ以外のローカル地区に住んだ場合、生活費の違いがどれほどあるのか? について触れていきたいと思います。 僕自身日本人居住区ど真ん中のスクンビット39に現在住んでいますが、このソイのスクムビット通りを挟んで向かい側のスクムビットソイ24には、人気デパート『EMPORIUM』があります。そしてこのソイ24もやはり 日本人居住区として栄えております。 ※EMPORIUM ... もっと読む

投資物件のお問合わせ方法、物件リスト作成について

こんにちは。ヨシダバンコク不動産販売のGENです。 バンコクにおける不動産投資、そしてロングステイ。日々バンコクの不動産会社や物件めぐりをして新しい物件等に出会うたび、なんて魅力的なのだろうと実感しております。 まだまだ発表準備段階や新規分譲に当たっての最終価格調整等の物件もございます。 今後、投資にも抜群でロングステイにも最適の物件紹介を現在準備中です。しばらくお待ち下さい。 今までいくつかの物件の紹介をしてきたのですが、実は現状でバンコクを中心に新築物... もっと読む

日本人居住区スクンビット31の格安新築コンドミニアム

こんにちは。ヨシダバンコク不動産販売のGENです。 バンコクコンドミニアムを投資、ロングステイという、2つの観点からブログを書かせていただいています。 日本では木枯し1号なんてニュースを見ました。タイは涼しい季節へ向かっていますが、日中はまだまだ暑い状況です。しかしこのくらいの季節になると、タイ人の長袖着用率が増えます。本格的に涼しい季節になると、僕はそれでも日中は暑いと思っているのですが、タイ人は「寒い寒い」と言っており、そんな姿を横から微笑ましく見てい... もっと読む