12

多様化が進むパタヤの人気ロケーション

様々な憶測が流れているベースセントラルパタヤに続くサンシリのパタヤ街中プロジェクト第2弾は、どうやらエッジグレードになる予定のようです。   先回レポートした際には(過去ログ:来るぞ、パタヤ再び。ベースセントラルパタヤの第2弾)、HAUSシリーズになる予定と報じましたが、その後変更になった様子です。とは言え、プロジェクト発表まではまだ時間があるので、更に二転三転する可能性は十分にあります。   サンシリ社のコンドに詳しい人でしたらHAUSシリーズのグレード... もっと読む

間も無く終了!パーク24の登記前ファイナルリセール。

年初めのブログが本日(23日)と出遅れ感いっぱいですが、書き初めのテーマは昨年から続くSell Before Transfer、完成登記前物件を割安に獲得するお話です。   トンローのエッセスクムビット36のプリセールが一段落着いてからというもの、その後は竣工後登記前物件を主にお客様には勧めておりました。   以下の過去ログ やはり目が離せない年内完成のSell Before Transfer物件 Ashton AsokeとPark24を選ぶに当たって (... もっと読む

2017年の最後を飾るプロジェクト THE ESSE SUKHUMVIT 36 (その4) 完売御礼!

3回に渡り紹介してきましたTHE ESSE SUKHUMVIT 36ですが、11月18日に実施されたプリセール開始を待たずに弊社の在庫は完売の運びとなりました。購入して頂いたお客様には、この場を借りて深く御礼申し上げます。   前回は最小ユニット設定の1ベッドルーム(38.5平米)をご紹介しました。従来は駐在員層への賃貸には40㎡以上の広さは必要と考えておりましたし、賃貸投資希望のお客様にはそのように説明してきました。   但し、今回の38.5平米に関して... もっと読む

2017年の最後を飾るプロジェクト THE ESSE SUKHUMVIT 36 (その3)

The Esse Sukhumvit 36(ジ・エッセ・スクムビット36)のプリセールの一般プリセールが11月18日決定となり、BTSトンロー駅前、スクムビット通りとソイ36の角地に建てられたショールームではVIP招待客へのお披露目が11月8日に開始されました。   過去に購入してくれたVIP顧客には、一般客の前にショールームを見て、欲しいユニットを選ぶ優先権が与えられるわけです。これは高級ブランドのセールと同じやり方です。   弊社も先行販売権が付与され... もっと読む

2017年の最後を飾るプロジェクト THE ESSE SUKHUMVIT 36 (その2)

前回はThe Esse Sukhumvit 36がお買い得なプロジェクトであると説明しましたが、今回はプロジェクトの非公開情報を少しだけ漏洩しながらその理由に言及したいと思います。   先ずプロジェクト概要から。   立地                         スクムビット通りとソイ36の角地 最寄駅                      BTSトンロー駅(約10メートル) 敷地面積   2.2ライ(約4,000平米) 総階数        ... もっと読む

Ashton AsokeとPark24を選ぶに当たって (その1)

前回のブログでAshton Asoke、Park24の1ベッドはプリセールと同じ様な価格で出ており買得である、といった内容の説明をしましたが、誤解を招くといけないと思い、今回はその補足をする事にしました。   過去ログ:賃貸投資物件の勝ち物件を補足せよ! も参考になるかと思います。   両プロジェクトで懸念が残るのは、賃貸投資物件としての有効性です。   どちらも立地は素晴らしいのですが、駐在員層の賃貸を狙うにはユニットが小さ過ぎるのです。   今年初めに... もっと読む

やはり目が離せない年内完成のSell Before Transfer物件

過去の記事2017年内注目の完成物件!sell-before-transfer、狙い目のプロジェクト2で、PARK24に関して、   値頃感のある価格設定(平米単価20~23万バーツ)、15階以上、ブロックの無い眺望等の条件が揃えば、間違いなく買い推奨の物件です。   と書きましたが、予想以上の低価格でリセール物件が出回り始めております。中には、1x階(ブロックのシティビュー)で平米単価17万バーツ台、といった好条件で安値のものもあったりします。   ※P... もっと読む

バンコクのビンテージマンションはどれだ?

販売価格が平米単価25万バーツを超えてくると、家賃が追い付いて来ないので、賃貸利回り投資は難しくなる。25万バーツ以上のコンドミニアムを購入するのであれば、将来日本で言うビンテージマンションとなるような要素が必要である、といった内容を説明しました。   それではどのような物件がその範疇に入るのでしょうか?   つい先日、引き渡し前の物件チェックの為にリッツカールトンレジデンスに足を運びました。   72階建てのタワーコンドで最上階に近いユニットなのですが、... もっと読む

バンコクのラグジュアリーコンド、賃貸投資から見た購入すべき物件価格の目安

セレス アソークは、ラッキーリビングという知名度の低いディベロッパーによるマイナス評価はあるものの、圧倒的な立地の良さ、ラグジュアリー物件としての十分のスペックを有している為、前宣伝を目にした時は「これだったら欲しいな。」と思わせるには十分な説得力を感じました。でも前回のブログでも書いた通り、プリセール会場に足を運ぶことはありませんでした。   いつもながらの直感的な判断ではありましたが、そのジャッジの背景にはどのような思考があったのか、ここで整理してみま... もっと読む

まずまずの売れ行き?好調な滑り出しCELES Asoke (セレス アソーク)

9月16日に一般プリセールとなったセレス アソーク。ディベロッパーがラッキーリビングと無名な会社ゆえに「立地は最高なんだけどな~。」というように、発表直後から大きな注目を浴びながら「けどな~」が付いて回るプロジェクトだっただけに、プリセール結果はどうだったのか気になるところですが、まずまずの滑り出しだったようです。 ※セレス アソーク外観イメージ   タイの有名不動産サイトthing of livingでは、プリセール当日の風景として下の写真と共に簡単なレ... もっと読む