1

上場大手ディベロッパー2018年好決算の宴の後

2018年の上場大手ディベロッパーの決算が発表されていました。 ※主要ディベロッパーの2018年決算 出展:タイ証券取引所 サンシリとスパライを除き、どこも増益となったようです。中でもオリジン社は6割以上の増収増益となっています。オリジン社は他社に比べて上場してからの日が浅いのですが、上場後は破竹の勢いでプロジェクト数を伸ばし、野村不動産との合弁事業を開始してからは更に開発を加速した感があります。 2018年第3四半期の今度発売数は過去最多、第4四半期もそ... もっと読む

完成後登記前バーゲンリセール情報 (その1)

昨年後半から顕著に見られるようになった登記前の投げ売り現象ですが、過去ログ:価格のねじれ現象(その4)根底にあるのは不動産市場の変化で、特殊な理由で特定のコンドミニアムに限定された事例ではなく、バンコクの不動産市場の潮目の変化と捉えるべきだと書きましたが、最近の完成前物件の売り出し状況を見ていてもその考えを裏付ける流れとなっているようです。 ここ2、3ヶ月の動向だけでも、プリセール時に早々に完売したプロジェクトだったにも関わらず完成直前になってプリセールと... もっと読む

コンドミニアムのブランディングを信用するのは危険

ペッブリー駅やラマ9世駅周辺のコンドミニアムを視察して気づいた事は、リズムはアドレスと並びAP社の最高グレードのラインアップの位置付けであるにも関わらず、こちらの2つのリズムのユニットは大きく見劣りする仕様水準となっている点です。 上場ディベロッパーの最上級グレードともなれば、エアコンは天井にビルトインされるのが一般的ですが、こちらは壁掛けスタイル。加えてシャワールームの温水器までむき出しの壁掛けとなっている安普請。これではライフと全く差別化ができていない... もっと読む