1

パタヤ

不動産市場の低迷が続く昨今ですが、底値での購入そして長期保有によるキャピタルゲイン獲得が可能です。

世界的なビーチリゾートですので、アジア欧米各国からの移住者も多く国際色豊かで住みやすい住環境が整っています。低価格のコンドミニアムを多く、バンコクと比べて居住コストが安いのも特徴です。セカンドハウスを所有するには理想的ではないでしょうか?

リタイヤや長期休暇目的の巨樹者に比べて駐在員層は少ないので、1年以上の長期テナントは確保が難しく、バンコク・シラチャに比べて安定した賃貸投資利回りを得るのは簡単ではありません。