2017年の最後を飾るプロジェクト THE ESSE SUKHUMVIT 36 (その2)

前回はThe Esse Sukhumvit 36がお買い得なプロジェクトであると説明しましたが、今回はプロジェクトの非公開情報を少しだけ漏洩しながらその理由に言及したいと思います。   先ずプロジェクト概要から。   立地                         スクムビット通りとソイ36の角地 最寄駅                      BTSトンロー駅(約10メートル) 敷地面積   2.2ライ(約4,000平米) 総階数        ... もっと読む

2017年の最後を飾るプロジェクト!The Esse Sukhumvit 36 (その1)

バンコク在住の投資家であれば、既に目にしている人も多いかもしれませんが、いよいよ今月半ばにThe Esse Sukhumvit 36のプリセールが開始になります。   ※The Esse Sukhumvit 36 完成イメージ   何しろ立地が凄いんです。BTSトンロー駅が目の前で、敷地を出て10メートル程も歩けば、駅への階段があります。   ※The Esse Sukhumvit 36現地ショールーム建築中   ※The Esse Sukhumvit 3... もっと読む

Ashton AsokeとPark24を選ぶに当たって (その2)

前回はバンコクの都市化、土地価格の上昇を背景にコンドミニアムユニットがダウンサイズ化してきた経過をユニット数、平米単価の変遷と共に見てきました。   本日はタイトルに記した通りの本題に入ります。   Sell Before Transferのタイミングでプリセール価格とさほど変わらない価格で買えるのであれば、買い得物件ではないか?何の問題があるの?と思っている人は多いでしょう。今までのバンコクの物件価格の上昇を知っている人であれば特にそう思うはずですし、僕... もっと読む

Ashton AsokeとPark24を選ぶに当たって (その1)

前回のブログでAshton Asoke、Park24の1ベッドはプリセールと同じ様な価格で出ており買得である、といった内容の説明をしましたが、誤解を招くといけないと思い、今回はその補足をする事にしました。   過去ログ:賃貸投資物件の勝ち物件を補足せよ! も参考になるかと思います。   両プロジェクトで懸念が残るのは、賃貸投資物件としての有効性です。   どちらも立地は素晴らしいのですが、駐在員層の賃貸を狙うにはユニットが小さ過ぎるのです。   今年初めに... もっと読む

プラカノン駅以降のラグジュアリーコンドを購入する前に考えるべきこと

プラカノン駅以降のラグジュアリーコンドのプリセール価格は、平米単価15万バーツ以上が当たり前になってきています。   完成済み、プリセール中等が混在するものの価格例としては以下の通りとなります。   Line Sukhumvit 71(サンシリ、プラカノン駅徒歩5分)16〜20万バーツ KnightsBridge Prime Onnut(オリジン、オンヌット駅徒歩7分)12〜19万バーツ IDEO Sukhumvit 93(アナンダ、バンチャク駅前)13〜... もっと読む

やはり目が離せない年内完成のSell Before Transfer物件

過去の記事2017年内注目の完成物件!sell-before-transfer、狙い目のプロジェクト2で、PARK24に関して、   値頃感のある価格設定(平米単価20~23万バーツ)、15階以上、ブロックの無い眺望等の条件が揃えば、間違いなく買い推奨の物件です。   と書きましたが、予想以上の低価格でリセール物件が出回り始めております。中には、1x階(ブロックのシティビュー)で平米単価17万バーツ台、といった好条件で安値のものもあったりします。   ※P... もっと読む

バンコクのラグジュアリーコンド、賃貸投資から見た購入すべき物件価格の目安

セレス アソークは、ラッキーリビングという知名度の低いディベロッパーによるマイナス評価はあるものの、圧倒的な立地の良さ、ラグジュアリー物件としての十分のスペックを有している為、前宣伝を目にした時は「これだったら欲しいな。」と思わせるには十分な説得力を感じました。でも前回のブログでも書いた通り、プリセール会場に足を運ぶことはありませんでした。   いつもながらの直感的な判断ではありましたが、そのジャッジの背景にはどのような思考があったのか、ここで整理してみま... もっと読む

まずまずの売れ行き?好調な滑り出しCELES Asoke (セレス アソーク)

9月16日に一般プリセールとなったセレス アソーク。ディベロッパーがラッキーリビングと無名な会社ゆえに「立地は最高なんだけどな~。」というように、発表直後から大きな注目を浴びながら「けどな~」が付いて回るプロジェクトだっただけに、プリセール結果はどうだったのか気になるところですが、まずまずの滑り出しだったようです。 ※セレス アソーク外観イメージ   タイの有名不動産サイトthing of livingでは、プリセール当日の風景として下の写真と共に簡単なレ... もっと読む

サンシリ社と東急グループの共同開発プロジェクト“taka Haus”

前回までオリジン社と野村不動産の共同開発プロジェクト、ナイツブリッジ プライム オンヌットをご紹介しましたが、今回も共同開発プロジェクトのご紹介です。   こちらはサンシリ社と東急グループのジョイントです。とうとうサンシリ社も日系ディベロッパーとの提携に踏み切ったかと、予想外でもあったので多少の驚きを持って動向を見ていましたが、早速第1弾となるプロジェクトtaka Haus(タカハウス)が9月16日一般プリセール開始となりました。   ※タカハウス外観  ... もっと読む

オリジン社と野村不動産の共同開発プロジェクト ナイツブリッジ・プライム・オンヌット(その3)

前回にも書きましたが、ユニット構成はきわめてシンプルで、次の4タイプとなります。   -1ベッドルーム 22平米前後の小さなタイプと26平米前後の大きなタイプの2種類 -1+1ベッドルーム 31平米 -2ベッドルーム 53.5-55平米(2ベッドルームは39階以上のみの設定)   *1ベッドルーム 22.5-23.5平米*   入って壁際にキッチン、その反対側にバスルームを配置、ガラスの引き戸の奥がリビング+ベッドルームとなっています。サイズは小さいですが... もっと読む