価格のねじれ現象(その3)今年のSell Before Transferの目玉は昨年と同じプロジェクトという世にも不思議な物語

前々回、前回のブログでは、プリセール物件とリセール物件の価格のひずみ(ねじれ現象)をお話ししました。特にパーク24はフェーズ2となるタワー4、5、6のプリセール価格の兼ね合いで価格改定を行ったフェーズ1のユニット価格が、登記済み物件のリセール価格まで上回る状態となるという大きな歪を生みました。 フェーズ2も今年4月の時点で80%程の完成となっていますので、今年後半は登記前ユニット、Sell Before Transfer物件が大量に市場に流れ込んでくるもの... もっと読む

価格のねじれ現象 (その2) Noble Ploenchit(ノーブル・プルンチット)は現在も販売中???

前回書いた、「プリセール物件がリセール物件より高い、といったねじれ現象」に関連した内容として、今回はノーブル・プルンチットを紹介します。   ※Noble Ploenchit(ノーブル・プルンチット) 当ブログでも何度もご紹介した、BTSプルンチット駅に直結する一等地約15,000平米の広大な敷地に建てられた、14・45・51階の3タワーから成る全1,444ユニットの巨大プロジェクトです。全室プライベートエレベーター、全長45メートルのスイミングプール、噴... もっと読む

Edge Central Pattaya プリセール前に外国人区分ユニット完売!

しつこい様ですが、今回もEdge Central Pattaya(エッジ・セントラル・パタヤ)のお話です。 5月19、20日に開催されたヒルトン・パタヤでの一般プリセールでは、残った外国人区分のユニットを購入できる、といった話も業界関係者からは聞こえてきておりましたが、実際は外国人区分の販売残は全くなかった様です。従って、最後のチャンスと思われていたパタヤプリセールでしたが、実際は全くの空振り。一部のタイ人区分の販売のみが行われたに過ぎません。 たまたまそ... もっと読む

Edge Central Pattaya、プリセール前のし烈なユニット争奪戦

売れるだろうとは思っていましたがここまでとは!というのが率直な感想です。 Edge Central Pattaya(エッジ・セントラル・パタヤ)のユニット獲得競争がここまで激しくなるとは、はるかに想像を越えていました。 何故こんなに人気なのか?に関しては、以下の過去ログを参照下さい。 来るぞ、パタヤ再び。ベース・セントラル・パタヤの第2弾! 多様化が進むパタヤの人気ロケーション。 プリセール開始まで1ヶ月を切ったEDGE CENTRAL PATTAYA 数... もっと読む

将来の賃貸激戦区スクムビット36 (その4)

リズム・スクムビット36−38 アイデオQスクムビット36 ヴィタラ36 168スクムビット36   ※BTSトンロー駅前物件マップ どれもがスクムビット36の中に入った物件で、リズムとアイデオは高層、ヴィタラ36と168は低層物件となっています。   リズムは2016年に開業し、物件としては際立ったものはないもののこれといった非もなく、ディベロッパーであるAP社の中では最高グレードの物件なのですが、残念ながら賃貸が奮っていません。   将来の賃貸激戦区ス... もっと読む

将来の賃貸激戦区スクムビット36 (その3)

トンロー駅前物件の賃貸事情のお話を続けます。 ※トンロー駅周辺物件比較(賃貸) キーン・バイ・サンシリ クレスト・スクムビット34 シリ・アット・スクムビット スクムビット通り沿いの3つのコンドミニアムを比較してみましょう。   ※トンロー駅前物件地図 物件のグレードや立地条件にさほどの差異がないこの3つの物件ですが、シリ・アット・スクムビットが完成した2010年からキーン・バイ・サンシリやクレスト・スクムビット24が完成した2013〜2014年の間に新築... もっと読む

プリセール開始まで1ヶ月を切った EDGE CENTRAL PATTAYA

以前当ブログでご紹介したEDGE CENTRAL PATTAYAのプリセール開始が5月19日に決定しました。 参照過去ログ 来るぞ、パタヤ再び。ベース・セントラル・パタヤの第2弾! 多様化が進むパタヤの人気ロケーション 既にサンシリ社の物件を購入した事のある顧客には案内が届いており、買いたい顧客、売りたい不動産業者は情報獲得に奔走中、といったところでしょうか? サンシリの担当セールスと話をしたところ、価格を含めての詳細情報は未定の部分が多く、「5月初めぐら... もっと読む

今後の動向が気になるNIMIT Langsuan

深刻な問題を抱えるNIMIT Langsuan(ニミット・ランスアン)、先ずはプロジェクト概要を見ることにします。 ※NIMIT Langsuan   ロケーション 前回のブログで紹介したバンコクの超一等地ルンピニ地区、ランスアン通りに面した立地であるばかりでなく、ルンピニ公園まで100メートル程ですので、正真正銘のハイソ生息地ど真ん中になります。周辺にはQランスアン(永久所有権)、ハンサー(定借物件)といったラグジュアリーコンドミニアムの他に昔ながらの賃... もっと読む

多様化が進むパタヤの人気ロケーション

様々な憶測が流れているベースセントラルパタヤに続くサンシリのパタヤ街中プロジェクト第2弾は、どうやらエッジグレードになる予定のようです。   先回レポートした際には(過去ログ:来るぞ、パタヤ再び。ベースセントラルパタヤの第2弾)、HAUSシリーズになる予定と報じましたが、その後変更になった様子です。とは言え、プロジェクト発表まではまだ時間があるので、更に二転三転する可能性は十分にあります。   サンシリ社のコンドに詳しい人でしたらHAUSシリーズのグレード... もっと読む

Muniq Langsuan (ムニク・ランスアン) ルンピニ公園周辺のハイソエリアに登場!

日本人居住区の中心となるアソーク、プロンポン、トンローは、バンコクCBDの一角を成している事もあり、当サイトで取り上げるコンドミニアムに関してもその多くがこのエリア内にあるのは読者の皆様も知る通りであります。   昨年暮れにプリセールを開始し飛ぶように売れたエッセ・スクムビット36はトンロー駅前のプロジェクト。トンローと言えばお洒落なエリアとして日本人のみならずタイ人、そしてバンコクを知るエクスパットであれば誰もが憧れを抱くエリアである事は周知の事実。  ... もっと読む